2019.06.06 Thu UPDATE GIRL

女子社員たちの本音!日常会話の中に潜むセクハラ発言判定座談会【デキる男になるために】

会社勤めにも慣れ、職場での立ち位置も確立し始める20代後半から30代のメンズ。ここからさらなる高みを目指すためにも、デキる男に必要なことは手にしておくべき。
女子たちからの評価もまたしかりである。昨今はセクハラ発言などが話題になり、ワンランク上の男としては、気を付けるべき要素のひとつだろう。
セクハラとはどこからがアウトな発言なのか。法律ではセクハラは性的発言・行動によって就業環境を害することなどが挙げられているが、具体的な行動は記載はなし。そこで、職場でよくある言動がどこからセクハラにあたるのか、日常会話の中に潜むアリ/ナシを女子目線でジャッジしてもらった。普段から何気なく使っていたアノ言葉が実は…。

 

働く女子の本音座談会

日常会話の中に潜むセクハラ発言判定座談会

ジャッジしてくれたのは、実際にバリバリ働いている社会人である
(左から)コピー機会社勤務・S織さん /建築士・K澄さん /鉄道会社勤務・A恵さんの三人。

Q.髪切った? メイク変えた?

S織さん ○
K澄さん ○
A恵さん ○

A.日常のちょっとした変化に気付くとポイント高し!

タモさんの定番トークネタだが「変化に気付いてくれるのは、うれしい♪」とのこと。とはいえ、髪形もメイクもその日のコンディションで変わるため、言い方によっては「今日のヘア(ヘイク)って変?」と勘ぐられてしまう場合もあるとだけ覚えておこう。

 

Q.脚キレイだね。

S織さん △
K澄さん ○
A恵さん ○

A.純粋に褒めているなら◎。とはいえど、パーツ次第

パーツ褒めはアリ/ナシがあるそうで、手や脚はもちろん髪や肌もOK。目は口説き文句っぽいし、耳はフェチっぽいから基本ナシ。「普段からお手入れをしているパーツなら問題ないと思います。地味に頑張っている部分を褒められると好感度もUP♡」

 

Q.なんか太った?

S織さん ×
K澄さん ×
A恵さん ×

A.女性のルックスに対してネガティブ発言はダメ!

改めて聞くまでもない典型的セクハラワード。でも中には「他人から見ても分かるくらいなら、少し生活態度を見直さなきゃ!」と真剣に受け止めるという意識高めの声も。逆に「痩せた?」の場合は悪い気はしないそうなので、女子にはこちらを推奨(笑)。

« 一覧