2019.06.19 Wed UPDATE GIRL

すべての女性が輝く社会の中で、気をつけたいセクハラ発言アリナシ

安倍首相によって「すべての女性が輝く社会づくり」が叫ばれる現在社会。もちろん職場で”男だの女だの”といっている人がいれば、古い考え…。でもメンズたちの間で問題となるのがセクハラ問題。一体どこからどこまでがセーフでアウトなのかディリケートな話題だ。ここで、職場でよくある言動がどこからセクハラにあたるのか、日常会話の中に潜むアリ/ナシを女子目線でジャッジしてもらった。普段から何気なく使っていたアノ言葉が実は…。

女子社員たちの本音!日常会話の中に潜むセクハラ発言判定座談会【デキる男になるために】

職場で「彼氏いるの?」はアリ?ナシ? 日常会話の中に潜むセクハラ発言判定座談会

 

日常会話の中に潜むセクハラ発言判定座談会

ジャッジしてくれたのは、実際にバリバリ働いている社会人である
(左から)コピー機会社勤務・S織さん /建築士・K澄さん /鉄道会社勤務・A恵さんの三人。

Q.今年で何歳?

S織さん ×
K澄さん ○
A恵さん ○

A.相手と距離感を詰める糸口としては意外にアリ。

エイジハラスメントに繋がる可能性があるし、そもそも女性に年齢を聞くのはマナー違反とされているが、相手との距離感を詰める糸口としてはアリ。とはいえその際に、相手が歳上だったら「え〜全然若く見えますよ〜」など、上手なフォローを忘れずに!

 

Q.この仕事は女の子には無理。

S織さん ×
K澄さん ×
A恵さん ×

A.ナメてるならムカつくし。正直、余計なお世話!

全員一致で即NG。「だから何? って思うし、ナメられているようでムカつく!」というお怒りはごもっとも。だが世の中には危険な職種もあるから、相手も気を遣って言っている可能性もあるんだけどね…言われた側の捉え方次第っていうのもある?

« 一覧