2018.12.24 Mon UPDATE GIRL

SUPER☆GiRLS・渡邉幸愛の新たな決意【誌面未公開カット満載】

 Some girls Vol.39

渡邉幸愛 KOUME WATANABE

(SUPER☆GiRLS)

さまざまなフィールドで活躍する注目の女性をフックアップする本誌の人気連載「SOME GIRLS」。11月号で出演してくれた、人気アイドルユニット「SUPER☆GiRLS」から“コウメ”こと、渡邉幸愛さんが登場! 読者諸君も既にご覧頂いているであろう、可憐な少女から美しき女性へと移り変わる刹那の表情を写し取った未公開カットと、誌面では収まりきらなかったインタビューを合わせて特別に完全版でお届けします!

【SUPER☆GiRLSインタビュー】渡邉幸愛と阿部夢梨が語る“これまでのスパガとこれからのスパガ”

【SUPER☆GiRLSインタビュー】卒業していくメンバー4人が語る“これまでのスパガとこれからのスパガ”

 

最近はラップにめちゃくちゃハマっていて
マジで韻踏みたいんですヨ!

——今回は朝からTwitterで「撮影が楽しみ」と呟かれていましたが、実際いかがでしたか?

渡邉幸愛(以下:幸愛) 「普段、週刊誌だったりでグラビアをやらせてもらうことはあるんですが、『Men’s JOKER』さんはファッション誌でオシャレじゃないですか!? そこはやはり女の子なので、オシャレも好きですから、どんな撮影になるのかなぁ~ってすごく楽しみにしていました。」

 

——ありがとうございます! 想像通りでしたか?

幸愛 「」なあぽん(同じSUPER☆GiRLSのメンバーで同期の浅川梨奈)が以前、同じ連載企画でお世話になったじゃないですか? それがめちゃオシャレで普段のなあぽんとは違うなぁという印象があったので、今回お話を頂いて自分も挑戦できるというのが嬉しかったです♪」

 

——この連載は“大人の色気”がテーマ。存分に発揮できましたか?

幸愛 「そうですねぇ~ちょっと色気が出ちゃったと思いますね♡ ヘアもメイクも3つの衣装でそれぞれに合わせていただいて、普段とは全然違った自分になれたんじゃないかなと。特に背中がガバッと大きく開いている衣装なんて、普段はなかなか着る機会がないですし!」

——水着では見事なクビレを披露されていましたが、美しさの秘訣とかあるんですか?

幸愛 「クビレに関してはまったく何もしてないんですけど、逆に下っ腹が出やすいのでセルフマッサージをしたり、腹筋を意識的に鍛えるようにしているので、それによって相対的にクビレがよく見えるのかもしれないですね。」

 

——なるほど! コンプレックスもあまりなさそうですよね。

幸愛 「ありますよ! 顔が丸くって……小顔矯正のマッサージに行ったりしていますよ。基本的に3日間は効果が持続するので、そこから定期的に通うことで持続期間が長くなっていくっていう。」

 

——では今回の撮影に際しても、そちらでコンディションを整えてきたワケですね。

幸愛 「いえ……先週行ったので、実はこの撮影の後に行くんですよ。間に合わなかったぁ~!!」

——アハハハ。とはいえ誌面では、最高に可愛く美しく仕上がっていますので!

幸愛 「大人っぽい雰囲気のグラビアっていうのは経験していたんですが、それとはまた違った大人っぽさが出せたんじゃないかなと思っているので、自分でも誌面で見るのが楽しみです♡」

 

——撮影時にポージングや表情などで意識した部分ってありましたか?

幸愛 「普段は笑顔や困り顔が多いのですが、今回はほとんど笑わなかった気がしますね。その分、目に力を入れて強めの表情を作っていたのが新鮮だったなぁと。」

 

——撮影中に流れていたBGMは、渡邊さん自身のプレイリストからでしたね。

幸愛 「元々、色んなジャンルの音楽を聴いていたんですが、今まで通ってこなかった領域にも足を踏み入れ出しまして。例えば、あいみょんさんとかコレサワさんとかが最近好きですね。ともに歌声はもちろん、歌詞の世界観も特徴的で。あとはラップ! 元々、TVの「フリースタイルダンジョン」でラップバトルを観たりしていたんですけど、そんなにハマらなくて。それが大学生ラップバトルのMCを KEN THE 390 さんとやらせてもらった時に、生でラップバトルを観たら「超面白い!」ってなり、そこから動画サイトを漁り始めて音源も聴くようになって、めちゃめちゃハマりました。」

——最近イチオシのラッパーは?

幸愛 「SALUさんとかRude-αさんや先輩のSKY-HIさんなど、色んな方の楽曲を少しずつ聴いて勉強しているって感じですね。私の場合、どちらかというとガンガンくるようなスタイルが苦手で、トラックにのって流れるようにライミングしていくスタイルが好きだし、リリックにもちゃんと意味があって染みるようなリリカルな楽興が好みですね。」

 

——では、メンバー同士で「サイファーしようよ」なんて場面があったりも?

幸愛 「さすがにないですけど(笑)、私自身はマジで韻踏みたいんですヨ! でもあんまり頭がアレで難しくって……。この間も電車に乗った時に、マネージャーさんと目に入った文字で韻を踏む練習をしたんですが、なかなか上手くできなくって。なのでメンバーとの会話中にも韻を踏んでいこうとするけど、全然踏めないので「ちょっと静かにして」って言われちゃったりとか(苦笑)。なので目下のところ練習中です!」

 

——まずはパンチラインを作ってみたらどうですか?

幸愛 「確かに必要ですよね。今はまだないので、次の撮影までにパンチラインを作っておきます!」

——そうなると自分らの楽曲でもラップをしてみたくなりますね。

幸愛 「メチャクチャやりたいんですけど、そもそもSUPER☆GIRLS(以下スパガ)がそういうグループじゃないですからねぇ(苦笑)。でも次にアルバムを出す時は、ユニット曲としてラップにも挑戦したいですね! リリックも自分で書いたりして。とはいえあんまり長いのは難しいので、歌の上手いメンバーがイイ感じに歌ったところで、ワンフレーズだけラップで乗っかるみたいなイメージなら(笑)」

 

原宿でクレープを食べながら歩いたり、
ベタなデートが最近はしてみたいんです。

——スパガにとっても渡邊さん自身にとっても新たな挑戦ですね。ところで、以前取材した際(当時の記事はこちら)に、理想のデートとして横浜デートと答えていますが、今も変わっていない感じですか?

幸愛 「変わってないし、メンバーとも何度か遊びに行ったりもしましたが、最近はメッチャ定番だけど原宿とかもいいなぁって思うようになってきて。多分、クレープを食べながら歩いたり、ベタなデートがしてみたいんだと思います! なので、水族館や動物園もイイですね♡ 水族館は大好きで、すみだ水族館の年間パスポートも持っていますし。落ち着いた雰囲気で心を清らかにしたい時に、一人で行くのがオススメ。あとアクアパーク品川にあるクラゲのエリア「ジェリーフィッシュランブル」はすごい幻想的で素敵なので、こちらはデートで! 入り口にはバイキングやメリーゴラウンドなどのアトラクションもあって楽しめます♪ 動物園だったらドコでもOK。私、ゴリラが見たいんですよ。名古屋の東山動物園にイケメンゴリラのシャバーニくんがいるので、一緒に行ってくれる男性とお付き合いしたいですね。むしろゴリラみたいな感じの人が好きです!」

 

——では、まとめるとラップのできるゴリラみたいな男性が好みということで(笑)。さて、プライベートのお話を続けますが、最近はお料理も凝っているとか。

幸愛 「時間がある時になんかできることがないかなぁ」と思ったのと、節約を兼ねて料理はしていたんですけど、最近はおかずをたくさん作るっていうのも意識していて、GENKINGさんがinstagramで上げているお料理を参考にしています。例えば、よだれ鷄がメインだったら、チャーハンやナムルにスープも作ったりして。もちろんレトルトには頼らず味付けもイチから自分でやっています。とはいえ、まずは簡単なメニューから。」

——お味の方は?

幸愛 「完全に自分好みの味付けだし、自分では美味しいと思うんですが、まだ誰にも食べさせていないのでどうですかねぇ? インスタのストーリーで作った料理をアップしているので、メンバーもそれを見て「美味しそう!」とは反応してくれますが、実際に食べさせたことはないですね。あっ、でもONE CHANCEのじゅりんちゃん(熊代珠琳)はこの間、お家に遊びに来た時、一緒にグラタンを作りました♪ 「映える料理を作ろう!」ってことでグラタンを選んだのですが、美味しかったけど思ったほど映えなくて、結局は無理やりランチョンマットで映えてる風に撮影して(笑)」

 

——女子っぽ!

幸愛 「でも今はお料理アプリとか動画を見ながらやっているので、ちゃんとレシピを頭の中にインプットして、冷蔵庫の余りモノでチャチャッと作れちゃうくらいになりたいですね。もう20歳なので、そういう部分もちゃんと出来るようになれたらイイなぁって思っています。」

 

——20歳になり「大人の女性になろう!」みたいな感覚ってあるんですか?

幸愛 「ありますあります! 年齢的にも19歳から20歳で環境的にも大きく変わりました。周りからの見られ方も全然違うし、自分自身で何もかもやらなきゃなって。あとは税金とかも増えるじゃないですか? なので金銭面もちゃんと管理して、貯金も始めたいし。将来のためにシッカリしておかないとなって。」

——料理にしろ貯金にしろ、将来のためにシッカリしておくに越したことはないですからね。スパガとしても、中学生や年下の後輩もいるし、さらには新メンバーも入ってきますしね。

幸愛 「新メンバーとはイベントで何度も会っているんですが、もちろん経験も少ないし出来ないことも多いと思うんです。でも、そのまっすぐさや真剣さなど、私たちが改めて学ぶことも多いので、そこに今までやってきた私たちが合わさればすごく強いグループになれるのかなって思います。今のアイドルシーンって解散や卒業がメチャクチャ多くって、そんな中で生き残って活動出来ているコトに、本当に感謝しなきゃいけないなって思っているので、色んなアイドルさんたちの気持ちや想いを引き継ぎながらも、アイドルシーンを新たに引っ張っていけるようなグループになりたいです!」

 

 

ガムシャラに過ぎた2年、自分のために過ごした2年を経て、
ここからはグループのために捧げようと思いました

——たしかに平成最後との年となる今年で、アイドルシーンも一つの節目を迎えるんだなと実感しますよね。

幸愛 「実際に私自身もメチャクチャ悩みました。ちょうど20歳というのもありますし、小学三年生から芸能活動をしていたので「たくさん頑張ってきたし、色々と経験も出来たので、そろそろ次のステップに進んでもいいのかな?」と思ったんですが、せっかく新メンバー候補生たちがやる気を持って、チャレンジしてくれているのを見て……。」

 

——そこで考え方が変わったと?

幸愛 「そうですね。グループに加入してから今年で5年目になるんですが、ガムシャラに過ぎた2年、自分のために過ごした2年を経て、ここからはグループのために捧げようと思いました。次のステップに移るのは、そこでやり切ってからでイイのかなって。」

―“全部やり切ってからでイイかな”とおっしゃっていましたが、“やりきる”という目標はどこですか?

幸愛 「日本武道館。2020年までには立とう、という目標を立てて、今いろいろ考えているんです。私はアイドルを13年間やっていて、自分の中で“武道館”ってすごく憧れの場所。やっていく中で“もう立てないんじゃないかな”って心の中で思ったこともあるんですが、でも改めて“武道館まで”がんばりたいなって、湧き上がってきましたね」

 

——グループのために自分は何をするべきだと思いますか?

幸愛 「新しく加入する子たちは分からないことだらけだと思うんですよ。例えばフォーメーション。私も加入した時に50曲以上のフォーメーションチェンジを覚えて、それが精神的にも肉体的にもチョー大変で(汗)。そういった負担を少しでも軽減できるように、私たち2期生の加入時、1期生の先輩方が自分たちのオフ日に、わざわざ私たちの自主練場所に来て振り付けを教えてくれたように、私たちも後輩をサポートしてあげたいですね。また、今まではなあぽんに頼りすぎている部分があったので、これからは自分もしっかり頑張ります!」

―また結成からSUPER☆GiRLSとして活動してきた渡邉ひかるさん、宮崎理奈さん、溝手るかさん、2期メンバーの浅川梨奈さん、内村莉彩さんの5人が卒業を発表し、どんな心境ですか?

幸愛 「実は最初は私も卒業するメンバーに入っていたんです。なので、卒業するという決断がどんなものか、っていう気持ちがわかるし、いろいろと考えてのものだというのも理解できるんです。5人も卒業するんで、グループがパワーダウンしないわけがないじゃないですか。ファンの方々はショックでしょうし、このままのスパガをもっと見ていたかったんだろうなって。だからといって、スパガがパワーダウンしていいわけではない。“失うものはもうない”っていうくらい、思い切ってやっていこうっていう気持ちに改めてなりました。その上で“今のスパガを越えてやろう”って、この厳しい状況だからこそ、考えられるようになりましたね。そして、なによりも大事なことは“今を楽しむ”ことだなって、残り少ない時間を9人で思い切って駆け抜けたいと。その先に見たい景色が見えてくるような気がします」

 

——ですね! そんなスパガですが、20thシングル『わがまま GiRLS ROAD』が絶賛発売中ですが?

幸愛 「タイトルのわがままには”ワガママ”と”我がまま”という2つの意味が込められていて、夢にむかって進んでいく中で、前向きでまっすぐ夢を追いかける女の子の強い気持ちを歌っていく曲になっていて、私たち自身も歌っていてすごく染みるというブーメランのような曲です。 Aメロで「泣けない方が怖いんだ」という私のセリフがあって、照れそうになりながらも真剣に言っていたりとか、私たちにもピッタリな歌詞にも注目して聴いてもらいたいです!」

 

——ちなみに振り付けはどんな感じですか?

幸愛 「今回は振り付けをクリエイトボーイズさん(乃木坂46やNMB48など数多くのアイドルグループの振り付けを手掛ける)にお願いしており、今までとはまた違ってすごく新鮮なモノになっています。MVも今までとはまた違ったストーリー仕立てになっているので、そういう部分も楽しみながら観てもらえればと思っています。」

——あと11月にはデジタル以外では初となるソロ写真集『koume』(KADOKAWA)も発売していましたね。

幸愛 「そうなんです! 今回は台湾に行き、台南で撮影しました♪ 天候にも恵まれて、普段のキメの写真ではなく、自然体の私を納めてもらったので、今までやってきたグラビアの集大成となる1冊が出来たんじゃないかなと。台湾は何を食べても美味しかったし、本当に最高でした♡」

 

——特にお気に入りのカットは?

幸愛 「部屋の中で撮影した中に、朝は白い水着で爽やかに、一転して夜は黒い水着でメチャクチャ大人っぽく撮っていただいたカットがあって、同じ自分なんだけどそれぞれ全然違う表情を味わってもらえるので気に入っています!」

——くぅ~、写真集も期待大ですね。では最後にMJ読者にメッセージをお願いします。

幸愛 「読者の皆さんの中には、私のことを知らない方も多いと思いますが、私が所属しているSUPER☆GiRLSは今年の12月で結成8年目になります。ですので、グループの応援もしていただきたいですし、私個人としても11月に写真集を出したりと、まだまだ未熟ながらも精一杯頑張っていきますので、ぜひ応援よろしくお願いします!」

渡邉幸愛
わたなべ・こうめ 

1998年3月17日生まれ。宮城県出身の20歳。ニックネームは「コウメ」。アイドルユニット「SUPER☆GiRLS」のメンバーとして活動中。

公式Twitter (SG_KOME_avex)
公式ブログ(https://ameblo.jp/sg-kome)
公式Instagram(koume_watanabe.official

SUPER☆GiRLS公式WEB

 

写真集『koume』(KADOKAWA)絶賛発売中

台湾などで撮影し、彼女の魅力が詰め込まれた1冊に

20 thシングル『わがまま GiRLS ROAD』

SUPER☆GiRLSの記念すべき20枚目のシングルにして9名体制ではラスト。表題曲の『わがまま GiRLS ROAD』は、夢や目標を見つけて、がむしゃらに進んでいく、まるで彼女たちのことを歌っているような歌詞が特徴のダンスナンバー。さらにカップリング曲では、現メンバーでセルフカバーした『花道!!ア~ンビシャス 2018』と、かけがえのない仲間たちとの出会い、思い出、そしてこれから先の未来への希望を歌った『おもいでアップデート』を収録。

 

写真/春日英章 スタイリング/黒瀬結以 ヘアメイク/松森あず沙 取材・文/TOMMY

« 一覧